たまには・・・

たまには建築の話でも・・・

最近、頼まれもしないのに、近所の「納屋新築工事」の「工事監理」を(笑)・・・

たまたま散歩道沿いなので・・・

基礎工事・・・外壁下だけ、ある程度の鉄筋が組まれ・・・土間部分は、「溶接金網」・・・の「ベタ基礎」??・・・っては、言えないかあ~(笑)・・・

外周部に400mmピッチ程度で「差し筋」が・・・

なるほど~「立上り」を「後打」ちで・・・「木造」かあ??・・・ってな予想を立てる・・・

土間コンクリートを打設後・・・1週間ほどで、何やら「6ヶ所」に、それぞれ「ズン切りボルト」が「4本」ずつ、設置される・・・

うん???・・・うん???・・・ひょっとして、「アンカーボルト」の代わり???・・・

・・・ってことは、「鉄骨造」かあ~・・・と予想変更・・・

ボルト長さがそれぞれ違うので、「樹脂アンカー」かな??・・・すごい!・・・こんな工法、採用したことがない・・・

そのボルト、コンクリートに穴を明ける時に、ドリルの刃が鉄筋に当たったのか、斜めになっているところ多数・・・

ボルト長さもまちまち・・・こりゃあ~大変なことやなあ~・・・

・・・にしても、「コンクリート強度」が出ないうちに「アンカー設置」も勇気のあることで・・・って、「無知」なだけ??・・・

・・・と思っていたところ、今朝から「鉄骨建て方」が始まっていた・・・

ボルトを見ると、「全てまっすぐ」に・・・あら?どうやって?・・・ボルトの周りには水を流した跡が・・・

うん??うん??ひょっとして、「ガスバーナー使用」かあ??・・・凄い!いまだに「そんなこと」を・・・

鉄骨柱の形状を見ると、平屋、片流れ屋根、外壁スレート・・・ってな感じ・・・

まあ~人が住むわけではないので、こんな工事が行われるのだろう・・・

・・・が、ほとんど、僕の「常識」からは、遠く離れた「お粗末」な仕事ばかり・・・

「安全」なんてものは、ほぼ無視・・・まあ~少々の地震では、「根性」で建っているだろうけど・・・

こんな工事が行われているから、「建築の信頼」が薄れていくんだろうな・・・

まあ~「クロセ設計事務所」が設計していれば、今の「工事代金」の「1.5倍」にはなるだろうけど・・・

設計料・監理料も要るから、それに「20万円」ほどは上乗せになるだろうけど・・・

「カネ」と「安全」・・・どちらを取るのか?・・・「施主さん次第」ではあるけど・・・

出来れば「安全」を取って欲しいと思うアタシです・・・

「建築設計のご用命」・・・お待ちしとりますよ~・・・

でざいん・・・

ここ数年の間に関わった建築工事で思うこと・・・

公共性の高い建物のデザイン・・・

「機能性良好」・「安全性良好」・「経済性良好」でなければならないと思うのです・・・

それを考慮しない「デザイン」などに何の価値があるのだろう??・・・

価値のないものに「お金」を沢山支払う社会・・・馬鹿げている・・・

な~んて考える「クロセ設計事務所」には、そんな「お仕事」の依頼は来ない(笑)・・・

そう言えば、大学生の時の恩師、牧野雄二先生が言っていた・・・

「・・真に美しいデザインは、構造的にも美しい・・」と・・・

「見た目だけの美しさ」しかない「デザイン」などに価値など無い・・・と思います・・・

まやかし・・・

建築・・・「社会貢献」なしの「建築物」にどんな「価値」があるんだろう??・・・

その「建築物」を使う人々を幸せに出来ない「設計者」にどれほどの「価値」があるんだろう??・・・

「己の欲求」を突き通し、不良建築物を造り出すことに「価値」なんてあるわけもなく・・・

どうも最近は、つまらない「設計者」が多過ぎる・・・

つまらない「設計者」に仕事の依頼が回る社会・・・どうかしている・・・

どうかしている社会・・・に立ち向かえる「ちから」を身に付けなければ・・・

せっけい・・・

大学の先輩が、母校で、「設計すること」について「講演」されたそうな・・・

その先輩が言われるには・・・

「・・設計者には、安心安全で地球環境や周辺環境に調和し、経済的に低廉な建築を、予定内の工期で、求められる機能をより快適で魅力ある空間として創ることを求められている・・」と・・・

その通りだと思います・・・

ここ最近、関わった建築物の設計が、どれもこれも「見た目優先」なものばかりで、うんざりしている・・・

大学の恩師・・・牧野先生に教えてもらったことで、一番印象に残っている言葉・・・

「・・構造的に美しいものが、優秀なデザインである・・」と・・・

「建築構造」の教授だけに「構造的」となるんだけど・・・

言わば、「・・機能性が高く美しいデザイン・・」が、「優秀なデザイン」と僕は解釈している・・・

どうみても「雨が漏る納まり」や「人的に危険な納まり」を平気で設計し、「見た目」だけのデザインを「ゴリ押しする」設計者には閉口する・・・

・・・が、そんな設計者に「設計依頼」が行く現実・・・をどう理解すればいいのか??・・・

「説得力」・「提案力」・「表現力」・「政治力」・「営業力」が格段にあるんだろうな・・・

まあ~とりあえず、「不良建築」を極力創り出さないように「施工段階」で何とかしないとね・・・

今日も「施工図作図」・・・がんばるべえ~・・・

すうじ・・・

たまには、「お仕事」の話でも・・・

うちは、「営業力」・「政治力」を持ち合わせていない「超~弱小設計事務所」なもので、純然たる「設計」の仕事は少ない・・・

・・・ので、「設計下請け」とか、「施工図作成」で、事業を継続・・・

・・・で、最近、「施工図作成」をしていて思うこと・・・

「何故にこんな設計でお金がもらえるんだろう?」と・・・

まあ~単に「営業力」・「政治力」のおかげなんだろうけど・・・

設計図に書かれている「数字」一つに「魂」がこもっていない気がする・・・

「建築」において、「数字」は最重要なもの・・・

その「数字」に「魂」のない設計は、美しくない気がする・・・

美しくないものを創り出すことは、設計者にとって「恥」だと思うんだけど・・・

「自己満足」と「カネ」のためなら、どうでもいいのだろうか?・・・

・・・な~んて思う僕には、「設計」のお仕事は来ないのです~・・・

「それ」が、この国の「現実」のようです~(笑)・・・
プロフィール

たばさ

Author:たばさ
本業は建築設計・・・
ベテラン一級建築士

副業は「お米」つくり・・・
半人前農業人

お金にならない本業・・・
シンガーソングライター

お金にならない副業・・・
少年サッカー監督

その正体は・・・
熱く吼えるおじん・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター