ていぼう・・・

東日本大震災の復旧工事・・・「防潮堤復旧」は、「3割」程度の着工で、遅々として進んでいない・・・

その理由の一つは・・・「防潮堤」の高さが、震災前に比べて、はるかに高くなるから・・・みたいで・・・

住民は、「本当にそんな高さがいるのか??」と、県の計画に反発しているそうな・・・

県や市町村は、国が示した基準の「数十年から百数十年に1度の津波」に備える「高さ」を算定・・・

ある所では、震災前の「2.4m」の高さから「9.9m」になる予定とのこと・・・

なんか・・・なんか・・・おかしい気がするなあ~・・・

大都会東京の机の上で決められた「基準」ってやつは、どんな価値を持っているんだろうね??・・・

住民の1割が犠牲になった地区では、県の「14.5m」の高さの防潮堤を拒否・・・その理由は、「海は見えなくなり危ない」からと・・・

・・・で、「高台移転が一番安全」として、防潮堤の高さは、震災前の「6.4m」で復旧することになった・・・

「・・・海沿いに住まなければ、高い防潮堤は必要ないから・・・」・・・と単純明快・・・

そこに住む人たちが、自分たちで決めるのが一番いい・・・

そこに住まない人たちが決める「基準」など、なんの価値もないだろう・・・

「大きなお世話」より「小さな親切」の方が、ずっといい・・・と思うなあ~僕は・・・
プロフィール

たばさ

Author:たばさ
本業は建築設計・・・
ベテラン一級建築士

副業は「お米」つくり・・・
半人前農業人

お金にならない本業・・・
シンガーソングライター

お金にならない副業・・・
少年サッカー監督

その正体は・・・
熱く吼えるおじん・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター