ゆうき・・・

竹中絹子さん(77才)が体験したことには・・・

夕方、玄関付近で激しい音がして、急いで表に出てみたそうな・・・

すると、門柱の上にあった「シーサーの像」が、木っ端微塵に割れて、辺り一面に散乱していたそうな・・・

さっきまでボール遊びをしていた子どもたちの気配は、ピタッと消えていたそうな・・・

それから数日経っても、誰も何も言って来なかったそうな・・・

「・・・子どもたちは、親に状況を伝えたのだろうか?・・・」と思ったそうな・・・

「・・・小さな勇気が親子のコミュニケーションを深めるし、すっきりとした気持ちで過ごせるのに・・・」と思ったそうな・・・

そう言えば、小学生の頃、近所の兄ちゃんとキャッチボールをしていて、隣の家のガラスを割ったことがあったなあ~・・・

すぐに隣のおっちゃんとおばちゃんに謝り、親に事情を話した記憶がある・・・

親も謝りに行ってくれて、ガラス代を弁償してくれたような気がする・・・

そのおっちゃんとおばちゃん・・・後年になって、「自宅の設計」を僕に依頼してくれた・・・

「小さな勇気」・・・大切にして欲しいね・・・大切にさせて欲しいね・・・

・・・って言うか・・・昔は、「当たり前」だったことが、最近は、「小さな勇気」になっているような気がしないでもないね・・・

レベルの高い「小さな勇気」・・・今の子どもたちに期待したいものです・・・
プロフィール

たばさ

Author:たばさ
本業は建築設計・・・
ベテラン一級建築士

副業は「お米」つくり・・・
半人前農業人

お金にならない本業・・・
シンガーソングライター

お金にならない副業・・・
少年サッカー監督

その正体は・・・
熱く吼えるおじん・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター